« 衝撃事件 | トップページ | 厚木のお店紹介《目指せ100店》その4/100 『中ちょう倶楽部』 »

祝!!なかちょう大通り。

10月22日神奈川新聞の記事からです。

『地球温暖化防止に関する優れた取り組みを選ぶ「一村一品・知恵の環(わ)づくり」in神奈川の選考会が二十一日、横浜市中区の横浜産貿ホールで開かれた。最優秀賞には、「厚木なかちょう大通り商店街振興組合」(厚木市中町)が選ばれた。』

まずは地元厚木の、それも一つの商店街の取り組みが、県内において非常に高い評価を得たということに驚きと喜びを感じました。
しかもその取り組みの課題が、全国的、いや世界的な課題である地球温暖化防止に関するもの、ということにも驚きです。

地球温暖化といえば、どうしても世界的な基準の中で政府が施策を打ち出したり、グローバル化する経済の中で大企業が積極的に取り組むべきものというイメージが強いかと思います。
しかし、今回の表彰では神奈川県の中でも県央の一般市であり、その一般市のただ一つの商店街の取り組みが評価された訳です。

さらに記事には、

『同振興組合は商店街にペットボトル回収機やハイブリッド街路灯などを設置。エコマネーを利用した生ゴミリサイクル事業にも取り組むなど、商店街と連携したリサイクルの実践が評価された。』
『結果発表で、審査委員長の大西隆・東大教授は、最優秀賞の選考理由を「二酸化炭素(CO2)の削減量も把握するなど極めて先進的な活動」と説明した。』

とありました。

この商店街の近隣に住むものとして、お恥ずかしながら、ここまでの取り組みをしているとは存じ上げませんでした。
逆に申し上げれば、近隣の私ですら知らなかった、このなかちょう大通り商店街の誇るべき取り組みを、もっともっと厚木市全体へと広げるべきだと思いました。

今は、たった一つの商店街の取り組みかもしれません。
しかし、これをモデルケースに、厚木市や他の商店街などでも是非活用すべきです。

犯罪の防止と同じように、市民一人ひとりの意識向上が、世界的な課題である地球温暖化防止にきっと役立つのです。
それが、厚木発のアイデアなんて、本当に嬉しいことです。

ちなみに、来年行われる環境省主催の全国大会に「厚木なかちょう大通り商店街振興組合」は神奈川県代表として出場されるそうですが、改めて「厚木市代表」としても頑張って頂きたいと思います。

|

« 衝撃事件 | トップページ | 厚木のお店紹介《目指せ100店》その4/100 『中ちょう倶楽部』 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!!なかちょう大通り。:

« 衝撃事件 | トップページ | 厚木のお店紹介《目指せ100店》その4/100 『中ちょう倶楽部』 »