« そんなの関係ねぇ | トップページ | 望年会 »

今年2度目の元湯旅館

元湯の入り口で出迎えてくれるたぬきがいつの間にやらサンタクロースの格好をしていました。
クリスマスももう間近、今年もあと2週間です。

今日は祖父や祖母がもう数十年も懇意にさせて頂いている方との食事会に同行を致しました。
数年前から体を悪くされ、御自宅から出られるのも病院以外では相当久しぶりとのこと。
私自身もお会いするのは中学生の時以来、十数年ぶりではないでしょうか。

どうしても「スッポン鍋」が食べたい、ということで私が手配をして実現した食事会でした。

食べきれない程の料理は勿論のこと、個人的な友人の板前がわざわざ部屋まで来てくれたりと本当に至れり尽くせりの食事会となりました。
そして喜んで下さった相手の方、またその喜ぶ姿を見てさらに喜ぶ祖父、祖母を見て、少し早いクリスマスプレゼントになったのかな、と感じました。

厚木に帰ってきてからというもの、本当にこういった人と人との繋がりが自分にとって幸せなことなのだと日々実感することばかりです。

ちなみに帰りがけ、この歳になって小遣いを貰うこととなりましたが、これも私にとって少し早いお年玉になりました(笑)。

191216

|

« そんなの関係ねぇ | トップページ | 望年会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年2度目の元湯旅館:

« そんなの関係ねぇ | トップページ | 望年会 »