« にぎわい処で如月落語会 | トップページ | 厚木市議会が開会 »

商店街の生き残り作戦を考える

申し込み期日まで非常に短い日数しかありませんが、面白そうな講座を見つけました。

「商店街の生き残り作戦を考える3回連続講座」

1.日時とテーマ

■第1回 平成20年2月28日(木) 午後2時~4時
     テーマ 「発想を変えなければ商店街は生き残れない!」
          従来の延長線上の発想ではなく、新たなパラダイムで商店街を考える。
     講 師  元関東学院大学経済学部教授 岩澤孝雄氏

■第2回 平成20年3月 6日(木) 午後2時~4時
     テーマ 「電子マネーやモバイルを活用した販売促進」
          パスモやスイカ、ケータイをどう活用して活性化につなげていくか。
     講 師  商店街学会IT研究会メンバー

■第3回 平成20年3月18日(火) 午後3時~5時
     テーマ 「安全・安心な“食”の流通と朝市・夕市の実践」
          商店街だからこそできる“顔が見える関係”による“食”の提供。
     講 師  濱の市プロデューサー 坪倉良和氏

※3回とも中小企業診断士の大場保男氏がコーディネーターを務めて意見交流を行います。

2. 場 所  厚木シティプラザ

3.申込み先 厚木市商店会連合会 TEL.046-230-3159 FAX.046-230-3099

4.申込み期限 2月27日 (参加費無料)

↓厚木市商店街連合会のホームページより
http://www.anext.net/kougiboshu.html

平日の昼間ですので、参加できる方が限られてくるかもしれませんが、「電子マネー」、「食」といった流行のテーマも取り入れられており興味深い講義です。
特に「電子マネー」に関しては、先日神奈川工科大学が全国で初めてFeliCa学生証を発行したことで有名であり、極めて先進的な誇るべき地元の大学と御紹介したとおり、産学連携の新しいシステムが構築しやすい環境にあるのではないでしょうか。

↓御参照。
http://www.ozawashingo.com/2008/01/post_6c47.html

いずれにせよ、商店街の皆さんが、そして私たち消費者が一体となって、今直ぐにでも商店街の生き残りを考えねばならないのが現実でしょう。

|

« にぎわい処で如月落語会 | トップページ | 厚木市議会が開会 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街の生き残り作戦を考える:

« にぎわい処で如月落語会 | トップページ | 厚木市議会が開会 »