« 大嵐その後 | トップページ | 記録的豊漁に期待、相模川でアユ試し釣り »

厚木市がホームページの部で総務大臣賞を受賞

ふと厚木市のホームページを見ていると、次のような記事を発見しました。

『全国の都道府県及び市町村の広報紙、ホームページなどを対象にした「平成20年度全国広報コンクール」(社団法人日本広報協会主催、内閣府・総務省・読売新聞社後援)において、厚木市が「ホームページの部」で総務大臣賞、読売新聞社賞、特選を受賞しました。(対象は、平成19年に発行、発表されたもの)』

『審査講評では、「マイタウンクラブがとても活発で、市民参加サイトの好例である。関連キーワード検索で記事をつなぐしくみも良い。また、携帯サイトの防災・緊急情報「ケータイSOSネット」も市民にはありがたい。」と高い評価を得ました。』

↓詳細、御参照。
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/jouhouit/internet/page_24874.html

なるほど、全国的に見ても厚木市のホームページを含むインターネットを用いた広報活動というのは非常に高いレベルにあるのでしょうか。

つい先日からはマイタウンクラブ内でSNSも始まりましたが、GWに行なわれたフードバトルの様子など、市民の方が直ぐに記事にされていたようです。

地域SNSに関しては様々な議論がありますが、マイタウンクラブのサポーターの方にお会いすると、非常に熱心に活動されていることに驚きました。

しかし、いずれにしてもネット上の世界だけで地域の活性化などということが行なわれる訳ではありません。

あくまで「広報」の一環であり、サポーターの方のように実社会の中においてどれだけの市民がどれだけの意識を持って厚木のことを考え、そして行動できるかが最も重要な部分です。

今回の受賞がそのきっかけとなるようにますますの発展を願って止みません。

|

« 大嵐その後 | トップページ | 記録的豊漁に期待、相模川でアユ試し釣り »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木市がホームページの部で総務大臣賞を受賞:

« 大嵐その後 | トップページ | 記録的豊漁に期待、相模川でアユ試し釣り »