« 厚木プラザボウルでボウリング | トップページ | カメラが追った 2008あつぎ鮎まつりの風景 »

厚木市長との対話 『青雲の如き志』

今日は某団体の例会に出席。

今月の例会は、小林常良厚木市長をお招きして対話形式の会議です。

そこでは街づくりにおける今までの団体の理念・活動報告やこれから将来に向けてのプレゼンテーションを行ないました。

対話形式という中でも市長のお話をお聞きする時間があり、非常に興味深いものとなりました。

しかし、その中で感じたこと、それは私を含めたメンバーがもっともっと勉強しなければならないのではないか、ということ。

例えば今回の会議であっても、折角の機会そして僅かな時間の中で中身の濃いものにするには、下地として当然の基礎知識を頭に入れておくべきなのです。

それは「街づくりを目指す」という大義の中でも一緒。

『青雲の如き志を持った若者たち』

誤解を恐れず申し上げるならば、人生の先輩として、我らが厚木市のトップとして、私たちの団体に対し過分なお言葉を送って下さったこの市長の言葉をもっともっと肝に銘じなければなりません。

叱咤激励の言葉と受け取るか、それとも当然の賛辞と受け取るか、、、常に謙虚にそしてしっかりと意識の高い勉強を先ずもって我々が行なわなければなりません。

200805

|

« 厚木プラザボウルでボウリング | トップページ | カメラが追った 2008あつぎ鮎まつりの風景 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木市長との対話 『青雲の如き志』:

« 厚木プラザボウルでボウリング | トップページ | カメラが追った 2008あつぎ鮎まつりの風景 »