« 期末に思う | トップページ | 川の生き物を調査、小学生と大学生が環境学習/厚木 »

小さな虫に光を/厚木、郷土資料館で故・脇一郎さん特別展

10月1日付け、神奈川新聞のホームページより。

『県央地区のアブやハエなどの昆虫を研究した故・脇一郎さんの研究資料を展示する特別展が三十日まで、厚木市寿町の郷土資料館で開かれている。会社を退職してから小さな虫の研究を始め、新種を発見するなど著名な研究者の一人となった足跡を振り返る内容となっている。』

↓詳細、以下ご参照。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiioct081024/

↓郷土資料館掲載ページ
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/shisetsu/shi/syougai/page_3413.html

中学生の時、学校の課題でフィールドノートというものがあり、小さな昆虫や植物を数多くスケッチしたことを思い出しました。

私の今の仕事とは全く関係ありませんが、それがきっかけで今でも昆虫の研究をし、夢を追いかけている知人がいます。

この記事のような展示会を通じ、厚木からもそんな少年少女が生まれるかもしれませんね。

|

« 期末に思う | トップページ | 川の生き物を調査、小学生と大学生が環境学習/厚木 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな虫に光を/厚木、郷土資料館で故・脇一郎さん特別展:

« 期末に思う | トップページ | 川の生き物を調査、小学生と大学生が環境学習/厚木 »