« COGUの時計 | トップページ | 御通夜 »

大規模災害時、妊産婦らの避難場所に温泉旅館を活用へ/厚木

1月18日付け、神奈川新聞のホームページより。

『地震などの大規模な災害で自宅倒壊などの被害を受けた妊産婦と乳幼児に市内の温泉旅館を緊急避難場所として利用してもらおうと、厚木市は二十二日、市内の二つの旅館組合と協定を結ぶ。受け入れ可能人数は最大で約千人。市によるとこうした宿泊協定は全国的に珍しいという。

 妊産婦と乳幼児を受け入れるのは、周囲を丹沢の自然に囲まれた飯山温泉旅館組合(西海幹男組合長、五軒)と東丹沢七沢旅館組合(山本淳一組合長、九軒)の十四施設。』

↓詳細、以下ご参照。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjan0901369/

|

« COGUの時計 | トップページ | 御通夜 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大規模災害時、妊産婦らの避難場所に温泉旅館を活用へ/厚木:

« COGUの時計 | トップページ | 御通夜 »