« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 株式会社厚木市 社長の年頭挨拶 »

福袋にこんなのはどうでしょう?

福袋:タンク1本分オリジナルビール特注醸造権--厚木・サンクトガーレン /神奈川

『新年に、世界に一つだけのビールはいかが--。厚木市金田の地ビール製造会社「サンクトガーレン」(岩本伸久社長)は1月から、新春の「福袋」として、タンク1本分のビール特注醸造を100万円で請け負うサービスを、抽選で1人に販売する。

 苦みやアルコール度数など購入者の好みに合わせたレシピを作成し、容量1000リットル(330ミリリットル換算3000本)のタンク=写真・同社提供=で仕込む。約4週間の発酵・熟成を経た完成品を、たるかオリジナルラベルを張った瓶に詰めて届ける。購入者が仕込みに参加したり、醸造を見学することもできる。』

(2010年1月2日 毎日新聞)

もし誰かが100万円くれたら、私も是非応募したいと思います。笑。

夏に出来るようにして、相模川でバーベキューしながら100人ぐらいで飲みたいな、と。

チョコレートビールなど特徴のある面白いビールを作る会社ですが、厚木市にあるというのが驚きです。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 株式会社厚木市 社長の年頭挨拶 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

三つの袋の話しを希望します。

投稿: 福袋… | 2010年1月 3日 (日) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福袋にこんなのはどうでしょう?:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 株式会社厚木市 社長の年頭挨拶 »