« 厚木市といえば・・・鮎釣り解禁!!いよいよ夏ですね。 | トップページ | 厚木でもキャンドルナイト。視点はエコ。 »

あつぎ鮎まつりの花火は・・・

「あつぎ鮎まつり」の花火大会は今年も規模変わらず/厚木

『県内最大級の1万発の花火大会で知られる「あつぎ鮎(あゆ)まつり」(厚木市など主催)について、小林常良市長は3日の市議会本会議で「今後とも花火大会を中心に多彩な催しを計画し、歴史あるあつぎ鮎まつりを印象深く、魅力ある催しとして実施していく」と述べた。沼田幸一氏(あつぎみらい)の一般質問に答えた。市によると、花火の打ち上げ数など規模は変わらないという。』

(2010年6月3日 神奈川新聞)

今年はB-1グランプリに2400万円の予算を使っていることもあり、他のイベント系は軒並み予算を削減されているのかもしれません。

先日も鮎まつりの予算が削減されていることは書きましたが、花火の規模は維持するようです。

そういえば毎年市内の企業などが協賛をしていますが、仕掛け花火などをするたびに企業名がアナウンスされていますね。

当然このご時世なので、民間企業からの協賛は減っているのでしょう。。。(逆に協賛金の多いところは「随分、儲かってるんだなぁ」などと話題になります。笑)

ここ数年は青年会議所でのお手伝いなどでゆっくり花火を見る機会もありませんが、やっぱり鮎まつりの花火は厚木の夏の風物詩。

なんとかこの規模は維持して欲しいものです。

新しいイベントを盛り上げるのも大切ですが、今一度、この県内最大級と言われ、厚木市最大の催しであるこの鮎まつりを本当に盛り上げることを考える時期なのかもしれません。

前夜祭をフードバトルにしてしまうとか。。。笑

|

« 厚木市といえば・・・鮎釣り解禁!!いよいよ夏ですね。 | トップページ | 厚木でもキャンドルナイト。視点はエコ。 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あつぎ鮎まつりの花火は・・・:

« 厚木市といえば・・・鮎釣り解禁!!いよいよ夏ですね。 | トップページ | 厚木でもキャンドルナイト。視点はエコ。 »