« 本厚木駅発のバスに自転車 | トップページ | 谷亮子先生の引き際はいつなのだろう。 »

まさかペイオフが適用される日がくるなんて。

振興銀ペイオフ作業入り、残高把握急ぐ

『中小企業向け融資を専門に手がける日本振興銀行(東京都千代田区)が10日、金融庁に破たん申請

したことを受け、預金保険機構は同日、預金の払い戻し保証額を元本1000万円とその利息に限る「ペイオフ」の具体的な手続きに入った。

 預保は振興銀に人員を派遣し、同じ預金者の口座が複数あった場合に残高を合算して、1000万円を超えていないかどうか調べる「名寄せ」の作業を急いでいる。預金者ごとの正確な残高を把握した上で、1000万円以下の部分について、13日午前9時から本店など16店舗で払い戻し手続きに応じる予定だ。』

(2010年9月11日 読売新聞)

ペイオフという言葉、当然銀行員として知ってはいましたが、まさか適用される日が来るなんて想像もしていませんでした。

1000万円ずつ各銀行に預けて・・・なんて資産家の方の冗談話を耳にすることもありましたが。。。

ただ、今回は破たんした銀行の性格上、日本の金融システムに対する影響も少なく、経営陣が法を犯しているということもあり、その辺の判断もあったのかもしれません。

いずれにせよ、驚きました。。。

)

|

« 本厚木駅発のバスに自転車 | トップページ | 谷亮子先生の引き際はいつなのだろう。 »

銀行員エピソード集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさかペイオフが適用される日がくるなんて。:

« 本厚木駅発のバスに自転車 | トップページ | 谷亮子先生の引き際はいつなのだろう。 »