« 2011年度1月例会=総会・新年式典 | トップページ | 今年もこの時期がやってきました。 »

B-1グランプリin厚木のその後

「B―1」チケット完売で黒字、厚木市に補助金940万円返還へ/神奈川

『昨年9月に開催したご当地グルメの祭典「B―1グランプリin厚木」の実行委員会は14日、厚木市から受けた補助金2640万円(5月開催の神奈川フードバトル分も含む)のうち、940万円を返還する見込みだ、と発表した。』

(2011年1月15日 神奈川新聞)

昨年、厚木市内で行われた鮎祭りと並ぶ大きなイベント、B-1グランプリは厚木市からの補助金を受けた事業でした。

すなわち、市民の税金が使われていましたので、収益が上がった場合どうするんだろう?とかつてこのブログでも書いた記憶があります。

今回の報道では、計上された収益を元に補助金を返還するとのこと。

当然のことなのかもしれませんが、なんとなく本来の補助金の使われ方のような気がします。

民間発のアイデアで街を元気にすることであれば、行政は協力や補助を行い、結果としてにぎわいや金銭でお返しをする。

自分たちの力で、この厚木市という街を元気にできるんだ、という気持ちもまた大きくなるかもしれませんね。

|

« 2011年度1月例会=総会・新年式典 | トップページ | 今年もこの時期がやってきました。 »

厚木市のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B-1グランプリin厚木のその後:

« 2011年度1月例会=総会・新年式典 | トップページ | 今年もこの時期がやってきました。 »