« 東海大相模、春夏連覇なるか。 | トップページ | ゴールデンウィークのご予定は?ハトポッポ公園で・・・ »

この差が物語るもの。

神奈川県知事選挙 露木氏、県西部では圧勝も...

『元フジTVキャスターの黒岩祐治氏が初当選を収めた、4月10日の神奈川県知事選挙。元開成町長の露木順一氏は、最終的に全体の26・37%にあたる82万1981票を獲得したものの、惜しくも敗退した。

なお露木氏は、3政令指定都市を含む県東部や県中央部での得票数では黒岩氏の後塵を拝したものの、小田原市、秦野市、南足柄市、二宮町、足柄上郡5町、足柄下郡3町、清川村では他候補を大きく上回った。』

(2011年4月16日 タウンニュース)

正直、この小田原市、秦野市、南足柄市、二宮町、足柄上郡5町、足柄下郡3町、清川村の数字を見て、少し驚きました。

露木氏の得票数は黒岩氏に対し、ダブルスコアどころではない差で上回っています。

元開成町長の知名度が浸透している上、その実績が評価されこの差になっているのでは?とすら思います。

露木氏が述べている、「一石を投じることができた」というのは、人気投票のような首長選挙、都市部偏重の選挙スタイルに対し言っていることかもしれません。

色々と考えさせられる選挙結果ですね。。。

|

« 東海大相模、春夏連覇なるか。 | トップページ | ゴールデンウィークのご予定は?ハトポッポ公園で・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この差が物語るもの。:

« 東海大相模、春夏連覇なるか。 | トップページ | ゴールデンウィークのご予定は?ハトポッポ公園で・・・ »