« 里山保全、農業継続は厚木市でも課題 | トップページ | 今年もチャレンジショップ開催。 »

トップ次第で組織は変わるか。

菅後継に野田財務・鹿野農相らの名浮上

『菅政権を支えてきた民主党の仙谷由人代表代行(官房副長官)ら複数の党幹部は9日、退陣表明した菅首相(党代表)の後継を決める代表選で野田佳彦財務相(54)の擁立に向けた検討に入った。

仙谷氏が副代表の1人に、野田氏が有力な後継候補であるとの認識を伝えた。一方、鳩山前首相や小沢一郎元代表のグループなどには、鹿野道彦農相(69)を推す声が出ている。』

(2011年6月9日 読売新聞)

民主党の代表=日本国の内閣総理大臣となるわけですから、国民に対しはっきりと分かりやすい形で決めて欲しいものです。

議院内閣制ですので、日本国民の代表は1人1人の議員となる訳ですが、その1人1人の議員が責任を持ってトップを選ばなければなりません。

いずれにしても組織のトップたるやその実績はもちろんのこと、党内だけではなく日本国民を引っ張っていけるような人物になって欲しいと思います。

逆にそういう人物を選べなければ、国民の信託を受け議員になった意味がありません。

期待を込めて、是非頑張って欲しいと思います。

|

« 里山保全、農業継続は厚木市でも課題 | トップページ | 今年もチャレンジショップ開催。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップ次第で組織は変わるか。:

« 里山保全、農業継続は厚木市でも課題 | トップページ | 今年もチャレンジショップ開催。 »