« 2017年3月 | トップページ

2017年4月の8件の記事

第1回まちの魅力体験キッズで陶芸とジビエ料理




清川村のリバーランドやその周辺で、青少年育成事業を開催させて頂いてます。

厚木市や愛川町からも多くの小学生とその保護者の方にご参加頂きました。

まずは昼ごはんのカレー作りから。

イノシシ肉を使ったカレーになります٩( 'ω' )و

| | トラックバック (0)

厚木市の2020年オリンピックパラリンピックに向けた会議に参加しました。

厚木市のオリパラプロジェクト実行委員会という、2020年の東京オリンピックパラリンピックに向けた会議に参加しました。

具体的には既に数年前より、ニュージーランドの女子ラグビーチームホストタウンとして誘致に動いている状況です。

厚木市内でも公共施設などで、その活動を表す掲示がされたりもしています。







厚木市のレガシーとしてその後もよいものが残せるように、一緒になって協力していきたいと思います٩( 'ω' )و

| | トラックバック (0)

厚木青年会議所5月例会は伊勢原で習慣力を学びます。

公益社団法人厚木青年会議所では、毎月第二火曜日に例会を開催しています。

5月の例会は厚木青年会議所なのに伊勢原で開催・・・?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は4つの青年会議所が合同で年1回行う例会なのです。

公益社団法人秦野青年会議所、伊勢原青年会議所、一般社団法人あしがら青年会議所と共に多くのメンバーが集います。

自己研鑽と共に、各地域で活動しているメンバーとの繋がりも作ることができる例会なのです。

オブザーバーの方のご参加も無料ですので、是非一度例会に参加してみませんか??

厚木青年会議所5月例会は伊勢原で習慣力を学びます。

| | トラックバック (0)

かながわグルメフェスタ2017in厚木の来場者数は18万人でした。

昨日まで厚木中央公園で行われました「かながわグルメフェスタ2017in厚木」の入場者数は昨年を超える18万人でした。

金賞に輝いたのは、からあげ専門店すごいっ手羽です。

http://sugoteba.com/

厚木青年会議所や厚木商工会議所青年部など青年団体を含め、行政の皆様や各種団体の皆様と共に2日間無事運営することが出来ました。

B-1グランプリのレガシーとして行われているこのイベントですが、今回は鮎まつりで行われるダンスレジェンドの出場者やアイドルのステージを行うなど、新しい取り組みにもチャレンジしました。

賛否両論、様々なご意見があるかもしれませんが、来年以降の方向性も含め検証をしていきたいと思います。

とにかく無事終わって良かったです(*^^)v

| | トラックバック (0)

かながわグルメフェスタ2017in厚木 2日目

今日も厚木中央公園、厚木公園(通称はとぽっぽ公園)に集合!

2日目の今日は最高の天気です。

今日もMCは松竹芸能のラジバンダリ西井さん!

バックステージから写真を撮らせて頂きました(^-^)



| | トラックバック (0)

かながわグルメフェスタ2017in厚木 1日目

本日はかながわグルメフェスタin厚木の初日です。

何とか天気も雨は降らなそうです。

アイドルのコンサートやゆるキャラの登場など盛り沢山。

厚木中央公園もしくは厚木公園(通称はとぽっぽ公園)に是非お越し下さい٩( 'ω' )و






| | トラックバック (0)

ニュージーランドのラグビー代表が厚木で合宿

五輪ラグビー銀 女子NZ代表が厚木合宿 東京五輪事前合宿誘致で

『昨夏、リオデジャネイロ五輪の七人制ラグビーで銀メダルに輝いた女子ニュージーランド代表チーム(愛称ブラック・ファーンズ)が厚木市中荻野の荻野運動公園で合宿している。二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックで同国の事前合宿誘致を目指す市は、市民と一体で歓迎ムードを高めている。』
(2017年4月13日 東京新聞)

2020年の東京オリンピックに向け、厚木市として誘致を進めているニュージーランドのラグビーチームが先日までキャンプを行っていました。

専門部署も市役所内に有り、市内の各種団体を集めてオリパラプロジェクトチームを立ち上げています。

今年度は荻野運動公園の体育館の空調施設の整備も予定されているようです。

2019年にはラグビーワールドカップも開催されますし、色々と楽しみですね(^^)v

| | トラックバック (0)

厚木県央ロータリークラブ公開例会

厚木県央ロータリークラブの公開例会にお邪魔しました。





生憎の雨でしたか、厚木中央公園で開催。

厚木市長のご挨拶を始め、タレントのざわちんも登場。

多くの先輩がご活躍されてました(^-^)

| | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ